現在、クレジットカード現金化のサービスを行っている業者の大半はキャッシュバック方式を利用していると言われています。

9割以上の業者はこのタイプともいわれており、いかに現金化のプロセスにおいてこの方式が適しているかがうかがえます。

しかし、一方で数は少なくなっているとはいえ買取方式も行われています。

この方式にはデメリットもありますが、賢く活用することで安全かつ有利に現金化ができる部分もあるため、見直してみたい選択肢とも言えます。

買取方式の特徴を理解してほしい

買取方式の特徴は、ショッピング枠を使って実際に商品を購入したうえで、それを業者に買い取ってもらう形で現金化することです。

キャッシュバック方式との最大の違いは「価値のあるもの」を購入することです。

キャッシュバックの場合は金銭的な価値がほとんどない商品を購入したうえで特典としてキャッシュバックが行われる仕組みとなっています。

だからこそスピーディーにクレジットカード現金化ができるわけですから、気を付けなければならない点もあります。

何しろ購入する商品はほとんど価値がないものですから、万一悪質な業者に引っ掛かってしまった場合、どうにもならなくなってしまう恐れがあります。

現金が振り込まれず音信不通になってしまった場合には、手元に価値のない商品だけが残る形になってしまいます。

それに対して買取方式は音信不通になった場合でも最低限価値のある商品は残るため、それを売却することで損失を埋め合わせることができるのです。

また、買取方式は実店舗を利用できる点に大きなメリットがあります。

どうしても店舗が都心部に限られてしまう面もありますが、直接店舗に訪れて商品を購入し、現金化すれば悪質な業者に引っ掛かる恐れが少なくなります。

また実店舗なら送料などの手数料の負担が少なくなるのも大きな魅力です。

90パーセントを超える換金率をアピールしているキャッシュバック方式のクレジットカード現金化の業者の多くは、送料をはじめ振込手数料などさまざまな手数料を設定しているため、換金率のまま現金化できるケースは滅多にありません。

それに対して実店舗の買取方式ならそうした「削られてしまう」分が少なく、最大限の現金化ができるのです。

手間がかかってしまうのが買取方式のデメリットですが、だからこそ得られるメリットも少なくありません。

キャッシュバック方式が主流になっているからこそ、改めて見直してみてはいかがでしょうか。

キャッシュバック方式しか利用したことがない人が増えている現在だからこそ、買取方式にも目を向けてみたいところです。