買取方式の特徴

買取方式のクレジットカード現金化をうまく活用しよう!

現在、クレジットカード現金化のサービスを行っている業者の大半はキャッシュバック方式を利用していると言われています。

9割以上の業者はこのタイプともいわれており、いかに現金化のプロセスにおいてこの方式が適しているかがうかがえます。

しかし、一方で数は少なくなっているとはいえ買取方式も行われています。

この方式にはデメリットもありますが、賢く活用することで安全かつ有利に現金化ができる部分もあるため、見直してみたい選択肢とも言えます。

買取方式の特徴を理解してほしい

買取方式の特徴は、ショッピング枠を使って実際に商品を購入したうえで、それを業者に買い取ってもらう形で現金化することです。

キャッシュバック方式との最大の違いは「価値のあるもの」を購入することです。

キャッシュバックの場合は金銭的な価値がほとんどない商品を購入したうえで特典としてキャッシュバックが行われる仕組みとなっています。

だからこそスピーディーにクレジットカード現金化ができるわけですから、気を付けなければならない点もあります。

何しろ購入する商品はほとんど価値がないものですから、万一悪質な業者に引っ掛かってしまった場合、どうにもならなくなってしまう恐れがあります。

現金が振り込まれず音信不通になってしまった場合には、手元に価値のない商品だけが残る形になってしまいます。

それに対して買取方式は音信不通になった場合でも最低限価値のある商品は残るため、それを売却することで損失を埋め合わせることができるのです。

また、買取方式は実店舗を利用できる点に大きなメリットがあります。

どうしても店舗が都心部に限られてしまう面もありますが、直接店舗に訪れて商品を購入し、現金化すれば悪質な業者に引っ掛かる恐れが少なくなります。

また実店舗なら送料などの手数料の負担が少なくなるのも大きな魅力です。

90パーセントを超える換金率をアピールしているキャッシュバック方式のクレジットカード現金化の業者の多くは、送料をはじめ振込手数料などさまざまな手数料を設定しているため、換金率のまま現金化できるケースは滅多にありません。

それに対して実店舗の買取方式ならそうした「削られてしまう」分が少なく、最大限の現金化ができるのです。

手間がかかってしまうのが買取方式のデメリットですが、だからこそ得られるメリットも少なくありません。

キャッシュバック方式が主流になっているからこそ、改めて見直してみてはいかがでしょうか。

キャッシュバック方式しか利用したことがない人が増えている現在だからこそ、買取方式にも目を向けてみたいところです。

銀行振込が24時間365日OKになっても即日振込できない!?

全銀協の新システムの導入により、これからのクレジットカード現金化は即日振込が常識になります。

しかし、銀行振込は24時間365日即座に可能になっても、即日振込ができないクレジットカード現金化業者もあることに注意してください。

振込が24時間可能になっても即日振込に対応できないのは、クレジットカード現金化業者のシステムに問題があります。

クレジットカード現金化の方法はいろいろありますが、業者指定の商品をクレジット決済で買い、それを業者に買い取ってもらうことで現金を受け取るという方式では、商品の受け渡しという工程が存在するため、2~3日は振込までに時間がかかるのがふつうです。

キャッシュバック方式を採用する業者なら、ネットで申し込んだ瞬間に振り込むことも可能ですが、キャッシュバック方式の業者にはリスクもあることを確認しておきましょう。

そのリスクとは、悪質業者に引っかかる可能性です。

キャッシュバック方式では即時振込が可能ですが、実際に振り込まれるかどうかは業者次第であり、悪質な業者に引っかかった場合、決済だけされて約束のお金が振り込まれないということがあります。

買取方式の業者の方が、商品の受け渡しがあるためこの点ではリスクが少ないでしょう。

利便性を取るか安全性を取るかの選択が迫られるというわけです。

amazonギフト券売買の9割がネットの買取サイトで行われる理由とは?

amazonギフト券買取の9割が、実はネット上で買取されている事実があります。ではなぜ店舗の金券ショップの利用が少ないのでしょうか?

 

その理由としては、まず一つは、amazonギフト券が使用済みかどうかを買取り時にチェックし難いという事があります。

 

また偽物のギフト券が持ち込まれる事もあって、金券ショップなどでは取り扱いをしていないのが現状です。

 

例えば、最も利用されているEメールタイプのamazonギフト券では、メールでギフト券のシリアル番号が送られてきます。

そして購入者がそのままアカウント登録をすれば使用済みの扱いになってしまいます。またamazonギフト券は一度しかアカウント登録をすることができません。

 

しかし既に使用済みかどうかをチェックするにはアカウントに登録しなければならず、その行為によって使用済みになってしまい、店頭での販売が難しくなるという訳です。

 

また仮想的な電子マネーの扱いになるamazonギフト券は、ギフトコードをアカウントに登録してメールなどに送付して利用するシステムですから、実際は店頭買取を行うメリットが殆どありません。

 

それが証拠に、amazonギフト券買取の換金率は店舗で80%前後ですが、ネット上の買取ならば90%を超えています。

amazonギフト券買取業者の選び方

amazonギフト券買取の業者は様々ありますが、実際にギフト券を買い取ってもらう時は、慎重に業者を選ぶ必要があります。しかし、どういう基準で選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

買取業者を選ぶ場合、まず確認しておきたいのが換金率です。

 

換金率は、そのままamazonギフト券の買取金額に影響します。

高い換金率の買取業者ほど買取金額も高額になりますが、高換金率をうたう悪質業者もありますので、一つの目安に留めておくのが良いでしょう。

実際の換金率と異なることがあるため、信頼性も重視する必要があります。

 

amazonギフト券買取業者の信頼性を確認するためには、利用者の評判や口コミはもちろん、業者のサイトに記載されている住所・連絡先の情報もチェックしておきましょう。架空の住所を記載している業者や、連絡先がメールしか記載されていない場合は注意が必要です。

優良な業者は電話番号を掲載し、かつ住所も実際に登記されているものを記載しています。

 

amazonギフト券を売却することは難しくありませんが、業者選びは話が別です。

間違っても悪質業者を選ぶことは避け、優良業者を利用するようにしましょう。買取業者は慎重に選ぶことをおすすめします。

amazonギフト券買取業者は評判・口コミをチェックしよう

ネット上にはamazonギフト券買取業者が様々あります。どの業者にギフト券を買い取ってもらうべきか、悩む方も多いのではないでしょうか。

業者を選ぶポイントは人それぞれですが、どのような買取業者を利用するにせよ、ユーザーの評判や口コミは必ず確認が必要です。

これらをチェックせず業者を選ぶと、後で後悔をするおそれもあります。

 

amazonギフト券買取の業者は多数ある一方で、実際の買取金額や対応の良さは業者によりけりです。

中には高換金率をうたいながらも、実際の買取金額とは大きく異なる業者や、買取後の入金が非常に遅い業者など、あまり良いとはいえない業者も少なからずあります。こうした買取業者はユーザーの評判も決して良くありませんし、トラブルになるおそれもあるのです。

amazonギフト券を買い取ってもらう前に、ネット上で評判・口コミをチェックしてみると良いでしょう。

 

amazonギフト券を売るなら、安心して利用できる業者を選ぶことが重要です。買取後はキャンセルできない業者がほとんどですので、業者選びは慎重に行いましょう。

業者の見極めは難しいのが実情ですが、ユーザーの評判や口コミ、利用体験談などは貴重な参考材料となります。

amazonギフト券買取業者が古物商許可証を保持していない理由

一般的なギフト券や商品券の買取をするためには古物商としての許可証取得が必須とされています。そのため、質屋や金券ショップには許可証もしくは登録番号が分かりやすい場所に掲示されています。

一方、amazonギフト券買取をネット上で行っている業者の大半は、古物商としての登録を行っていません。そのため、「法的な問題はないのか」と懸念する人もいるようです。

 

Eメールタイプのamazonギフト券に限って言えば、古物商の許可証を有していないとしても、販売および買取をすることに法的な問題はありません。

というのも、現在の古物商法において規制の対象になっているのは紙媒体のギフト券のみであり、ウェブ上のポイントやウェブマネーに関しては制限が課されていないからです。

Eメールタイプのamazonギフト券は「金券」ではなく「ウェブマネー」に分類されているため、その取引に古物商法は適用されないのです。

 

こうした背景から、amazonギフト券買取を行う業者はここ数年増え続けています。ただし、中には古物商の許可証を保有していないにも関わらず「Eメールタイプ以外のamazonギフト券も買い取ります」というケースもあります。

こうした業者と取引することは法律に抵触する恐れがあるので、避けるのが賢明でしょう。

amazonギフト券買取時の注意点は?

金券ショップや業者にamazonギフト券買取をしてもらう場合、いくつか注意しておくべき点があります。まず気を付けておきたいのがamazonギフト券の有効期限です。

amazonギフト券は有効期限が定められており、期限切れ後は使用することができません。期限延長の方法もありますが、場合によっては買い取ってもらえないので気を付けておきましょう。買取申し込み前にチェックが必要です。

 

ギフト券の種類も確認しておきましょう。amazonギフト券買取業者によっては、買い取ってもらえないギフト券の種類があります。

 

また、金券ショップを利用する場合、多くのお店ではカードタイプしか買取してもらえません。シートタイプやメールタイプなどの種類がありますが、業者ごとに買取可能なギフト券種は異なるため、売却前に問い合わせておくと良いでしょう。

一方でネット専門業者の中には、全種類買取に対応している場合もあります。

 

ネットの専門業者を利用する方は、換金率もチェックしておきましょう。

換金率は買取金額に影響しますので、必ず確認が必要です。他社と換金率を見比べ、高く買い取ってくれる業者を選ぶのもおすすめです。

 

ただし、業者の評判・口コミを見ることも忘れないようにしましょう。

amazonギフト券買取に必要な書類は?

amazonギフト券はネットで買取してもらえますが、買取の際には書類が必要になります。amazonギフト券買取後、すぐに代金を振り込んでもらうためにも、書類は前もって準備しておいたほうが良いでしょう。買取がスムーズに進みますし、再申し込みの手間を省けます。また、今後も同じ業者でamazonギフト券を売りたい場合、2回目以降は書類が不要な場合があります。

しかし、amazonギフト券買取に必要な書類は多くありません。ほとんどの業者では、本人確認書類のみ用意すればギフト券を買い取ってもらえます。本人確認書類は免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカードや公共料金の請求書など、様々なものが該当します。ただし、本人確認書類が複数必要になる場合がありますので、業者に確認をしてみると良いでしょう。

本人確認書類はオンライン経由で業者に提出することになります。パソコンに取り込まなければいけませんが、書類をスキャナでスキャンするか、スマートフォンなどで写真を撮影する方法などがあります。名前や住所など、本人確認に必要な情報がしっかり読み取れるようにスキャン・撮影しましょう。画質が不鮮明な場合、業者に再提出を求められることもあります。

たった数十分でamazonギフト券買取をしてもらえる理由

amazonギフト券買取の業者は少なくありませんが、その中には数十分で買取から入金まで対応してくれる業者もあります。

実はamazonギフト券買取後、数分で入金まで済ませてくれる業者も存在します。金券ショップ並みのスピード対応ですが、どうしてそんなに早く買取や入金が可能なのかと、疑問を持ったことはないでしょうか。

 

たったの数十分でamazonギフト券が売却できる理由ですが、全ての手続きをオンラインで完結させていることが大きな理由です。amazonギフト券買取専門業者の多くは、インターネットのみで営業しており、手続きを簡略化していたり、一部自動化していることがポイントになります。

買取申込みの手続きなどを簡素化すれば、業者がすぐにギフト券をチェックできるため、買取~入金まですぐに対応できるのです。業者によっては数分で買い取ってもらえます。

 

ただし、amazonギフト券の買取スピードは業者により異なります。少しでも早く入金してほしい方は、業者の対応スピードをチェックしてみると良いでしょう。

 

また、買取の流れがやや複雑な業者もありますので、事前に確認が必要な場合もあります。必要な書類などは前もって用意しておきましょう。

ネットでamazonギフト券買取してもらうメリット・デメリット

amazonギフト券買取はインターネットを利用する方法が一般的です。ネット上にはamazonギフト券買取の専門業者が多数あり、様々なタイプのギフト券を買い取っています。近くに金券ショップが無い方や、出向くのが面倒な時はネットの業者を利用するのが良いでしょう。

 

インターネットのamazonギフト券買取専門業者は多数のメリットを持ちます。特にメールタイプやシートタイプなど、様々な種類のギフト券を買取可能な点がメリットと言えるでしょう。金券ショップでは売却が難しいカードタイプ以外の買取にも対応しているため、迷ったらネット業者に買い取ってもらうのがおすすめです。

 

ネットに接続できる環境なら、どこからでも利用できることもメリットと言えます。お店まで行く必要がありませんので、買取時の時間がほとんどかかりません。業者によっては即日入金も対応しているため、その日のうちに換金することも可能です。

 

一方、換金率が異なる点がネットの専門業者のデメリットです。amazonギフト券の換金率は90%以上が一般的ですが、業者によって若干の違いがあるため、他社でも同額買取になるとは限らないので気を付けましょう。また、カードタイプを買取していない業者も少なくありません。ただし、買い取ってもらえる業者もありますので、探してみるのも良いでしょう。

1 / 2ページ