カテゴリー: 総括情報

amazonギフト券売買の9割がネットの買取サイトで行われる理由とは?

amazonギフト券買取の9割が、実はネット上で買取されている事実があります。ではなぜ店舗の金券ショップの利用が少ないのでしょうか?

 

その理由としては、まず一つは、amazonギフト券が使用済みかどうかを買取り時にチェックし難いという事があります。

 

また偽物のギフト券が持ち込まれる事もあって、金券ショップなどでは取り扱いをしていないのが現状です。

 

例えば、最も利用されているEメールタイプのamazonギフト券では、メールでギフト券のシリアル番号が送られてきます。

そして購入者がそのままアカウント登録をすれば使用済みの扱いになってしまいます。またamazonギフト券は一度しかアカウント登録をすることができません。

 

しかし既に使用済みかどうかをチェックするにはアカウントに登録しなければならず、その行為によって使用済みになってしまい、店頭での販売が難しくなるという訳です。

 

また仮想的な電子マネーの扱いになるamazonギフト券は、ギフトコードをアカウントに登録してメールなどに送付して利用するシステムですから、実際は店頭買取を行うメリットが殆どありません。

 

それが証拠に、amazonギフト券買取の換金率は店舗で80%前後ですが、ネット上の買取ならば90%を超えています。

amazonギフト券買取業者が古物商許可証を保持していない理由

一般的なギフト券や商品券の買取をするためには古物商としての許可証取得が必須とされています。そのため、質屋や金券ショップには許可証もしくは登録番号が分かりやすい場所に掲示されています。

一方、amazonギフト券買取をネット上で行っている業者の大半は、古物商としての登録を行っていません。そのため、「法的な問題はないのか」と懸念する人もいるようです。

 

Eメールタイプのamazonギフト券に限って言えば、古物商の許可証を有していないとしても、販売および買取をすることに法的な問題はありません。

というのも、現在の古物商法において規制の対象になっているのは紙媒体のギフト券のみであり、ウェブ上のポイントやウェブマネーに関しては制限が課されていないからです。

Eメールタイプのamazonギフト券は「金券」ではなく「ウェブマネー」に分類されているため、その取引に古物商法は適用されないのです。

 

こうした背景から、amazonギフト券買取を行う業者はここ数年増え続けています。ただし、中には古物商の許可証を保有していないにも関わらず「Eメールタイプ以外のamazonギフト券も買い取ります」というケースもあります。

こうした業者と取引することは法律に抵触する恐れがあるので、避けるのが賢明でしょう。

たった数十分でamazonギフト券買取をしてもらえる理由

amazonギフト券買取の業者は少なくありませんが、その中には数十分で買取から入金まで対応してくれる業者もあります。

実はamazonギフト券買取後、数分で入金まで済ませてくれる業者も存在します。金券ショップ並みのスピード対応ですが、どうしてそんなに早く買取や入金が可能なのかと、疑問を持ったことはないでしょうか。

 

たったの数十分でamazonギフト券が売却できる理由ですが、全ての手続きをオンラインで完結させていることが大きな理由です。amazonギフト券買取専門業者の多くは、インターネットのみで営業しており、手続きを簡略化していたり、一部自動化していることがポイントになります。

買取申込みの手続きなどを簡素化すれば、業者がすぐにギフト券をチェックできるため、買取~入金まですぐに対応できるのです。業者によっては数分で買い取ってもらえます。

 

ただし、amazonギフト券の買取スピードは業者により異なります。少しでも早く入金してほしい方は、業者の対応スピードをチェックしてみると良いでしょう。

 

また、買取の流れがやや複雑な業者もありますので、事前に確認が必要な場合もあります。必要な書類などは前もって用意しておきましょう。