カテゴリー: 実際に出来る

amazonギフト券買取業者の選び方

amazonギフト券買取の業者は様々ありますが、実際にギフト券を買い取ってもらう時は、慎重に業者を選ぶ必要があります。しかし、どういう基準で選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

買取業者を選ぶ場合、まず確認しておきたいのが換金率です。

 

換金率は、そのままamazonギフト券の買取金額に影響します。

高い換金率の買取業者ほど買取金額も高額になりますが、高換金率をうたう悪質業者もありますので、一つの目安に留めておくのが良いでしょう。

実際の換金率と異なることがあるため、信頼性も重視する必要があります。

 

amazonギフト券買取業者の信頼性を確認するためには、利用者の評判や口コミはもちろん、業者のサイトに記載されている住所・連絡先の情報もチェックしておきましょう。架空の住所を記載している業者や、連絡先がメールしか記載されていない場合は注意が必要です。

優良な業者は電話番号を掲載し、かつ住所も実際に登記されているものを記載しています。

 

amazonギフト券を売却することは難しくありませんが、業者選びは話が別です。

間違っても悪質業者を選ぶことは避け、優良業者を利用するようにしましょう。買取業者は慎重に選ぶことをおすすめします。

amazonギフト券買取時の注意点は?

金券ショップや業者にamazonギフト券買取をしてもらう場合、いくつか注意しておくべき点があります。まず気を付けておきたいのがamazonギフト券の有効期限です。

amazonギフト券は有効期限が定められており、期限切れ後は使用することができません。期限延長の方法もありますが、場合によっては買い取ってもらえないので気を付けておきましょう。買取申し込み前にチェックが必要です。

 

ギフト券の種類も確認しておきましょう。amazonギフト券買取業者によっては、買い取ってもらえないギフト券の種類があります。

 

また、金券ショップを利用する場合、多くのお店ではカードタイプしか買取してもらえません。シートタイプやメールタイプなどの種類がありますが、業者ごとに買取可能なギフト券種は異なるため、売却前に問い合わせておくと良いでしょう。

一方でネット専門業者の中には、全種類買取に対応している場合もあります。

 

ネットの専門業者を利用する方は、換金率もチェックしておきましょう。

換金率は買取金額に影響しますので、必ず確認が必要です。他社と換金率を見比べ、高く買い取ってくれる業者を選ぶのもおすすめです。

 

ただし、業者の評判・口コミを見ることも忘れないようにしましょう。

クレジットカード現金化の代わりに使えるamazonギフト券買取専門サイト「買取ハンター」

「買取ハンター」は、Eメールタイプのamazonギフト券買取専門サイトです。

 

ただし、Eメールタイプならなんでも買い取ってくれるわけではなく、発効前のamazonギフト券のみの買取となっています。

利用範囲が限られてしまいますが、サイト上にアマゾンジャパンのEメールタイプの購入ページへのリンクが貼られているので、現金化のためにamazonギフト券を購入したいという人には便利です。

 

換金率は91%となかなか高く、ゆうちょ銀行、じぶん銀行、住信SBIネット銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱東京UFJ銀行への振込は手数料無料な点も評価できます(それ以外の振込手数料は150円)。

 

「買取ハンター」はサイトの作りも見やすさを意識した丁寧な作りで、初めての人でも利用しやすいサイトだと思います。

古物商許可の記載がない点は唯一気になる点ですが、それ以外は特に問題なく、土日や祝日でも対応銀行への振込が可能なので使い勝手も良いでしょう。

ただ、発効前のEメールタイプのamazonギフト券のみの取り扱いですので、余ったamazonギフト券を売りたいという人は利用できないのは残念です。

クレジットカードの現金化として利用したい人向きの買取サイトと言っていいでしょう。